スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Paradox的な?w
2008-09-27 Sat 02:48
今日はかなぁりネタくさい考察記事を書こうと思いますw

だから一応内容的にも考察のつもりなのに

カテゴリはネタ入りw

ブリュナにさっき電話で書くと宣言しておいたのもあるので

書くかどうかは気分で決めようと思ってたんですが

書くことにしましたw

では以下からw

まず、結論からいくと

ここでは「ダムルグは押さえ込まれるべくして押さえ込まれた」ということを

言おうと思っていますw

ここの時点ですでにタイトルの通り、逆説(のつもりw)なわけです

要はここから「出すぎた杭は打たれる」的なことを

書こうとしているんですねw




環境的にはダムルグが世にその仰々しい効果を知れ渡らせ

各々のブログやネットを騒がせました

当然勘のいいプレイヤーたちはすぐさま《魔封じの芳香》を使った

ご存知ダムルグの伝家の宝刀、アロマロックを

考案したプレイヤーもたくさんいたようです

で、今日その頃の海外プレイヤーたちのブログも

見て回ってきましたが、やはりここでも日本しか発売されていない

ダムルグの効果について着目し、使い方やその脅威を

議論する流れが見られました

そこではダムルグが壊れだwという意見もあり、

やや微笑ましくもあり、なんだか褒め言葉のようであり、

海外プレイヤーながらも分かってんじゃんみたいな感じで

嬉しく思いましたw(オレ何様w

海外ではカード自体も存在しないため、カードのテストも出来ないので、

実際の強さなんかも試しにくかったのではないでしょうか?

海外のプレイヤーはダムルグがまだ発売されていない

今のタイミングのうちにアロマを複数抑えておくべきではないかと

思うんですがねw

日本のように高騰してしまってからは遅いですからw

海外のアロマもまた何か集めにくいカードだったかな?


・・・話が逸れてきたかw


そして、発売前なんかも騒がれていましたが、

発売後も一部のブログでは実際に使ったり

使われたりで結構強いって話もあったようです

しかし、その期間も三日天下くらいで終わりましたw

こちらの記事でも書いてますが、直後に

このロックを一発で打開しかねない上にダムルグの攻撃力を凌駕する

超強力モンスターが登場したのですw

《裁きの龍》です

こいつは場に出ただけで1000ライフと引き換えに

あくせく集めたロックパーツを粉々に粉砕していき、

そのまま勝負を決めに来るのです

このカードを冷静に見てみましょう

攻撃力が既に容易に3000あり、ただ殴るだけでダムルグを裁ききり、

それでなくともロックを瓦解して絶望状態に陥るという

なぜ、ここまでして、容易なまでに状況を逆転するまでの

パワーカードを生み出さなければならなかったのかというと

それはおそらくこの強力極まりない(笑)アロマロックを

打開できる手段を増やすことが急務だったのではないかと

思うわけですw(それは無茶苦ty(ry・・・w)

この時点でアロマロックが決まり、既に伏せがない状態から

打開できる可能性があるのは、《N・グラン・モール》、

《ダーク・アームド・ドラゴン》、《ならず者傭兵部隊》、

《異次元の女戦士》、《異次元の戦士》、

通常召喚後のドラゴン除外からの《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》など

自ら突撃できるモンスターか、除去効果を内臓した

モンスターだけだったはずです

こいつらを引けなきゃロック決まったあとは負けゲーだなんて

あまりにもクソゲーになってしまうから、

汎用性がありそうなカードをあえて出すことで

普及させ、ダムルグへの耐性、牽制をさせようとして

ライロというテーマが出たのではないかと!

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》なんて、まず普及しにくかった

はずですからね!

同時期には《剣闘獣ガイザレス》なんかもいますが

こいつもまさかの複数割りです

これもおそらく《剣闘獣ガイザレス》の攻撃力では淘汰できない

ダムルグを撃破した上でついでにアロマも破壊しようということでは

ないでしょうか?

もしくは、複数割りと言えば帝だし、じゃあそれなら一応ライン統一して

2400にしようかということになったんでしょうか?

特殊召喚することで効果が数回発動するというのも、

《光帝クライス》が大丈夫なんだからいいよね?みたいな感じなんでしょうか?w

ゴヨウもきっと、ダムルグ対策に裁き、ガイザ出してみたけど

まだメタ足りないかも?って思ったKONMAIが過剰メタで包囲網をはろうとして

出したに違いないwアニメの製作の都合がどうなのか知らんが

きっとそういうことだw

ダムルグ出されてゲームエンドなんて単純すぎるから

ちょっとゲームの駆け引きを面白くするために

ダムルグ出して勝った気になってる相手のを

もし奪えたりしたら試合の局面が面白くない?みたいな発想なんだ!

次いでに剣闘獣も結構ダムルグの効果とか面倒だから

戦車も足すことで、対応させようとしたに違いない

こうしてダムルグの包囲網が完成してしまったのである

こうすることでKONMAIは緊急の制限改正を加えることなく

アロマダムルグの使用率を恣意的に下げることが

できたのではないかと思うわけです

つまりはうっかりと極悪なモンスターを出すことによって

やってしまった失敗をこれまで犯してきた過ちを塗り重ねるように

またもインフレで覆い隠してしまったというわけですね

ダムルグのあの凶悪なまでの即死コンボを

インフレのベクトルによって絶対的に圧殺してしまったわけです

こうしてまさにダムルグは環境の闇へと葬りさられてしまったわけです

こうして、伝家の宝刀のアロマを失い、絶対的なパワーを

失ったダムルグだったのですが、こうして大きな力を

あえて失ってしまったことに魅力を感じた

オレのような物好きが飛びついたわけですね

使えば勝てる(笑)ようなつまらない要素を排除され

いよいよ追い詰められたことによって

そこに可能性を見出したくなるっていうw





さぁ色々と理屈を無視した被害妄想とか

めちゃくちゃな理論がたくさん並べられましたが、

お楽しみいただけましたでしょうか?w

このネタくさ~い感じはやはり虐げられた者にしか

書けないでしょうwww

今回の記事ではかなりの世迷言を書いてみましたwww




正気では言えたもんじゃない話ばかりですw

でも、半分本気でもあったりw

ってかそうでも思ってないとやってられないところもあったりw



環境的にはダムルグという存在は

終わっていると見られているのは間違いないです

幾度にも渡って述べたとおり、いとも簡単にゴヨウされ、

逆ロックを決められる可能性、ロック粉砕パーツの氾濫から

アロマロックの不安定さなどが言われるようになり、

さらに、現環境でもっとも重要視される、

2800ラインへ自身が到達していない点などから

使用が厳しいと思われているようです

2ちゃんではダムルグの話が出てくると

すぐにゴヨウを持ち出し、そしてすぐ盗られるのがネタにされているくらいですからw

絶対にゴヨウされるじゃんとか言い出すやつが出てくる・・・

おそらくダムルグと真剣に向き合っていないプレイヤーは

ダムルグが2800ラインを突破できず、その上ゴヨウされれば

ゲームエンドであるということから

使うのは危険であると思考が停止してしまっているのではないか?

と思うわけです

しかし、だからこそ、使う意味がある

使われることでようやっとわかるその強力なまでの抑制効果

これはやはり歴代のゲームエンドモンスター級の可能性を

持っていると俺は信じるわけですw

《ダーク・アームド・ドラゴン》はその強力な効果で

3枚まで墓地アドを利用して持っていくわけですが、

たとえ破壊されるといっても、それはチェーンが出来ないわけではないのです

抵抗することは出来るのです

それに効果の使用にもある程度の限度もありますからね

特定の状況下、しかも環境的にありうる場面では

バニラになっちゃいますから

あまりにも活躍しすぎたため、基本的には

ダムドの対策を全く考えていない人なんていないことでしょう

そのため、フリーチェーンで発動できる、発動タイミングが限定されていない

カードの採用、もしくは召喚反応型の罠が増えてきています

まぁそんな煽りというかとばっちりは同時にダムルグも受けているわけですがw

けれども、そのうちで採用率がさらに増えてきている、

《神の宣告》はダムドを止めることが出来る一方で、

《ダーク・シムルグ》の特殊召喚は防ぐことができません

ここの時点で一歩勝っていると思いますw

ダムドはこの時点で一度墓地へ向かうと他の特定カードの補助がない限り、

完全に沈黙してしまいます

ダムルグはどうでしょうか?ダムルグは天罰やデスカリバーナイト、戦車で

落とすことはできますが、神宣に比べれば天罰は最近は採用率が低く、

パーミッション以外ではあまり見ません

どちらかというと手札のディスアドが気にならないデッキでは

採用されますが、それ以外ではあまり入れることはできないでしょう

それよりも脱出装置の方が守備範囲は広く、ダムルグにとっても

こっちの方が怖いってのはありますが・・・ここはダムドも優先権使ったあとは

一緒ですからね

デスカリバーもメタビ・ガジェ以外では3積まれているのは

なかなか見なくなりました

戦車なんて相手が剣闘獣と分かればこちらもある程度はプレイングには

気をつけるというものです

ダムドは天罰で落ちると結局は神宣にやられたあとのように

また眠ってしまうわけですが、ダムルグは天罰喰らおうが

エサをやれば貪欲にササーっと還ってきます

大会出てもたまにこの再生効果知らない人もいるから

終盤のジリ貧のときは奇襲かけれますw

そのときは、相手が「ちゃんと蘇生制限満たしてませんよ!」

とか言ってきますが、それも誤認なので、ちゃんと伝えて

絶望させてあげますw

ダムルグは元々通常召喚モンスターなんで、蘇生制限なんか知りませんw

すっと通常召喚したときには神宣してあげくださいw

多分この隙を見て場に出てくるような効果に

きっと神様も呆れて自分の手を下すよりも

雷バーン!!って撃っておいたほうがラクだって思ったんでしょうw

ダムルグ全く懲りてませんがw

そんでもってこの効果に相手が神宣を撃ってくることが

未だにしばしばあるのですが、ここで神宣撃てませんと伝えることで

またもや相手を絶望させ、加えて神宣があることを

自らの無知によって相手に無駄にピーピングさせてしまったことを

嫌悪するのですwまさに外道w

やや卑怯くさい感じはしますが、

これは相手が知らなかったのがいけないことです

何もオレはルール的には間違ったことを伝えてないのでね

まぁフリプレではちゃんと伝えますけどもf^_^;

真剣勝負の場ではね・・・しゃあない

きっと早くからダムルグが環境に適応できなくなったと

見切りをつけたことから、マイナーなカードと決め付ける過程で

効果を知ろうとしなかったんでしょうね(またもや何様www)

そう、この微妙なマイナーさと、特定メタなんてはるわけにはいかない点が

ダークホース的に作用し、イレギュラーを起こすのです

オレはこんなとこに惚れてダムルグ使ってるわけです

相手のレベルが低いならば、それだけ差を探せる

こちらは何も意図して誘導しているわけでもないのに

相手が自らのミスによって、公開しなくてもいい情報を

漏らしてくれる

これは結構ありがたいことです

神宣とわかったところで、それを避けるようにプレイしたり、

神宣を使わざるを得ない行動を起こすことで

切り札に当たるのを避けたりできます

それに、ピーピングというのはとても重要なことだし、

ましてや軽パーミッションのようなオレのデッキ構成だと

余計相手が神宣を握っているかどうかを知れるのは大きいのです

これらの相手のミスによって知りえた情報について俺自身は

やや罪悪感を覚えるも、相手によるところが大きいということで

精神的な重圧も軽いです

また、繰り返すようですが、ダムドの場合は一度相手が失敗すれば

何らかの別のごくごく特定の行動が絡まない限りは

再来する脅威はないので、その行動に注意・警戒を向ければいいのですが

ダムルグの場合はその自身の蘇生効果にごく特定の決まったカードを

要しないので、奇襲することができます

ここには何度助けられたことかわかりませんw

あとはまたこれもここでよく書いてることですが、

ダムルグが出ている、というプレイに慣れていない人が多いのか

目の前のでかいモンスターに対抗しなければならないという

緊迫感からか、相手が無意識のうちにカードを

よくセットしてしまったりします

これを注意するのも最初は「面倒だなぁ~(#^ω^)ピキピキ・・・」とか思っていたんですが

最近は「おいしい、もっと伏せれw」とか思ったりしますw

これによって、相手の手の中にあるカードの何枚が

場に出さなければ使えないカードなのかを

合法的にピーピングして把握してしまえるからですw

これもこちらが悪いわけではないという、お得な付随効果といえるもの

何かをしてもいいですが、それは向かえ撃ちますよ?

というよりも、最初っからすることが出来ません、という方が

はるかに精神的に追い込まれるのかもしれませんw

とダムドにはない、実際に使ってみないと実感できない、

プレイにまつわる見えない効果がたくさんあるんですよw

ダムルグにはw



これは通じゃないと使いこなせない、玄人向けのカードなんだぜwww



((#^ω^)ピキピキ・・・これはなんという選民思想・・・w)


まぁ、とはいえ結局はオレ自身がなんとかガンバってなんらかの結果出さないと

誰も振り向いてくれはしない、見直してはくれない

ということで(´u`●)

ここではネタ半分、本気半分で環境への(ってかほとんどダムドへの一方的な)

下克上をつらつらと書き上げていきましたが、

まぁ適当に言っておいたもん勝ちってことでwww

今後環境のトップダウンがどういう形で解決に向かうのかはわかりませんが

(おそらく結局はインフレに次ぐインフレで解決しそうだけどwww)

もう少し除去が緩やかな環境がやってきて、魔法・罠で

駆け引きをしなきゃいけない環境が来れば、ダムルグも

芽を出して来るのではないかと思いますw

(なんかこのブログでも身内の間でも

ずっと同じことばっかり言ってるような・・・?w(-_-;))

とにかくオレは大会なんかでどんどんダムルグ使って

対戦相手をひたすらげんなりさせて

まだまだダムルグっていけるの!?強いwwwって

しっかり思い知らせてやりますよwww



さて、アンデシンクロどーすんの?www

では(´・ω・`)ノシ



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<衝撃の事実www | ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 | Dark Simorgh早く出して・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。