スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
大分CSレポ
2011-08-31 Wed 01:13
遅くなりましたが8/27の大分CSレポです。
試合内容も結果も散々でいいところが全く無かったのですが、
久しぶりに大会の空気や緊張感を味わえたのはすごくよかったです。
いやーレポとか一年ぶりだから要領が分からんwww
ルールは予選4回戦のみ35分ルール

デッキ:【シンクロダムルグ】
参加ブロック:Dブロック


1回戦VS【ミラクルシンクロフュージョン】×○× 1-2


1デュエル目
とりあえず2伏せしてみたら早速《大嵐》食らってアドが崩壊
中盤粘ってなんとか延命し続けるも終盤《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》やらなんやら出てきて死亡

2デュエル目
相手のデッキに対する有効カードがよく分からずサイドチェンジに迷う
とりあえず《サイクロン》でセットの《ミラクルシンクロフュージョン》踏みたくないから《サイクロン》を全抜きして
サイドから《エフェクト・ヴェーラー》・《次元幽閉》辺りを投入
自分の流れはあまり強くなかったけど、《冥府の使者ゴーズ》で押し続けて勝ち

3デュエル目
序盤のオレのプレイングが不用意過ぎて《霊滅術師 カイクウ》に《精神操作》くらい
《ジャンク・シンクロン》で《ライトロード・ハンター ライコウ》釣りからの
《氷結界の龍 トリシューラ》食らって詰められ切り返す手段を全て失う
一番悔やまれるのが大会中唯一《召喚僧サモンプリースト》《ダーク・シムルグ》出来るシーンで
1枚の伏せにビビってやらなかったこと。
相手の1枚の伏せにビビって《召喚僧サモンプリースト》出さなかったのがダメダメだった
相手の伏せは《サイクロン》で《次元幽閉》抜かれて乙ってしまった
結果論だけど《召喚僧サモンプリースト》から《スターダスト・ドラゴン》《ダーク・シムルグ》で《次元幽閉》セットエンドすれば
いくらか違ったかもしれないと考えると情けない
《冥府の使者ゴーズ》出すも《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》で詰められて死亡

2回戦 不戦勝(2-0 ○○)

3回戦VS【ライロ】×× 0-2


1デュエル目
相手先行から《ソーラー・エクスチェンジ》2連打、《強欲で謙虚な壺》から《光の援軍》拾う完璧なスタート
1枚目の《ソーラー・エクスチェンジ》から《裁きの龍》が2枚落ちたり、ひたすら魔法罠落ちたり
挙句《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》まで落ちるハプニングまであるも
先行《ダスト・シュート》まであってどうにも出来ず
最終的には3枚目の《ソーラー・エクスチェンジ》まで引かれ
《裁きの龍》3枚目を引かれるか《死者転生》で拾われるのを待つかという展開でゲームが進む
結果《裁きの龍》1体と圧倒的な物量差に詰められて死亡

2デュエル目
序盤《霞の谷のファルコン》《BF-精鋭のゼピュロス》で《冥府の使者ゴーズ》・《トラゴエディア》に
ビビりながらビートするも何を思ったのかその2体で詰めていくことを弱いと考えてしまい
《インヴェルズ・ローチ》を作ってしまう
しかしこれが相手にとってはチャンスになってしまい、《カードガンナー》で切り返されてしまう
新しいライロには割合《カードガンナー》が入ってることを完全に忘れていて自分の軽薄さにめまいがしてしまったorz
これでアドを切り返す手段がなくなりそのままズルズルと押されてしまう
後々引いてきた《次元幽閉》が恨めしい(-_-;)
その後は《ライトロード・サモナー ルミナス》効果《ライトロード・マジシャン ライラ》で出てきた2体に
《激流葬》を使わざるを得なくなり、《次元幽閉》を《サイクロン》で抜かれ、
場に1枚だけになった《スターライト・ロード》を無視するように現れた《裁きの龍》でボコされ、
2体目の《裁きの龍》で5000のライフを切られて死亡

4回戦VS【代行天使】×○○2-1

1デュエル目
相手先行から《強欲で謙虚な壺》で《ダスト・シュート》加える強い流れ
《ダスト・シュート》で《霊滅術師 カイクウ》消されてそのあとは《神秘の代行者 アース》・《創造の代行者 ヴィーナス》からの
強い流れを崩せず押される
最後はこちらのハンドに《冥府の使者ゴーズ》があるのを読まれたのか2体をリリースからの
アドバンス召喚で出てきた《大天使クリスティア》で詰められて負け

2デュエル目
代行天使との試合が初で戦い方が分からなかったのと、サイドに入れてるカードの大半が
対代行天使を意識してのものだったので、何も考えずにメインのカードをほとんどガン抜きして
完全にサイドスイッチして安っぽいメタビートにしてしまった
試合は確か今度はこちらが先行からの《ダスト・シュート》をぶち込む流れだったと思う
《サイバー・ドラゴン》からスタートして《ライオウ》・《N・グラン・モール》を追加して
ひたすら裏をバウンスして《サイバー・ドラゴン》・《ライオウ》で叩き込んだ
これでリクルもサーチ系も封じることが出来たようで勝った
一番危なかったのが終盤で《サイバー・ドラゴン》・《ライオウ》・《N・グラン・モール》並べててバックは0の状態、
《ブラック・ホール》ぶち込まれたらアド返されて乙る試合だった
怖かったー

3デュエル目
3デュエル目もほぼ2デュエル目と同じ内容に近い内容だったと思う
大体《N・グラン・モール》ゲーでした
相手先行からガンテツと天使並べる展開でいきなりピンチ
さらにフェニクスまで増えてボコボコにされるもなんとなく《クリッター》から《N・グラン・モール》サーチ
これで《サイバー・ドラゴン》・《N・グラン・モール》で切り返してバウンスでガンテツ死亡
こっからゲームの主導権もらってまたも《N・グラン・モール》と《サイバー・ドラゴン》で押しまくる
違うのは終盤《冥府の使者ゴーズ》で切り返してそれで詰めていったことかな
相手も《冥府の使者ゴーズ》出して切り返してきたからかなりピンチではあったんだけど、
《次元幽閉》で《冥府の使者ゴーズ》を潰したことでなんとかなった
そのあとは互いに《サイクロン》合戦になったんだけど、最終的にこちらの《サイクロン》が噛み合って勝てた
一番申し訳ないのはこちらが《フォッシル・ダイナ パキケファロ》出してる場面で
うっかり《死者蘇生》撃ってしまって出来ませんよと注意されたこと
初歩的なミスすら自分で気付けないとかテンパり過ぎてて恥ずかしかった
そのほかだと時間切れ寸前のシーンで相手のライフが上、相手がやや長考気味に
プレイすれば勝てるかもしれなかったので、そうされなかったのは助かりました

結果:2-2(実質1-2)Dブロック予選落ち

というか最終戦は自分のダムルグってハンネが完全にハッタリみたいに結果になってしまって申し訳なかったなー
なんというかとりあえず結果を2-2でなんとか締めたかったってのはあるけど、
勝ったとはいえ試合に勝って勝負で負けた感じがしました
あとは《冥府の使者ゴーズ》がやたら来てくれた印象がありました
勝った試合は《冥府の使者ゴーズ》出してそれでビートしまくってただけでしたね(-_-;)
その他だと六桝にも指摘された通りのプレミが多くて今後なんとか改善しなきゃいけないなと思いましたね
デッキもどうにも環境に合ってなかったので考え直さないといけません

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<大分CS使用デッキ【シンクロダムルグ】 | ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 | 大分CS、出場させていただくことになりました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。