スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
起動効果に関するルールの変更について。
2011-02-22 Tue 00:22
2011年3月19日(土)より起動効果に関するルールについて変更があるようなので、
ここで告知いたします

とりあえず一応公式サイトへのリンクも記載しておきますが、
リンク先に飛べない人がいる可能性も考慮してここに引用、併記させていただきます。
引用について問題があるようでしたら削除いたしますので
コメント欄にてご連絡ください。

公式サイトの該当ページへのURLリンク
http://yugioh.faq.konami.jp/EokpControl?&event=IE0004&wid=60796&target=faq



<以下、該当ページより引用>

●モンスターの起動効果のルール変更に関するお知らせ
内容
□■モンスターの起動効果のルール変更に関するお知らせ ■□

平素より遊戯王OCGにてお遊び頂き誠にありがとうございます。

遊戯王OCGにおきましては、常にお客様にエキサイティングなデュエルを楽しんで頂ける様、
バランスを考慮しつつカード毎のルールの変更が発生する事がありますが、
この度、モンスターの起動効果に関してのルール変更がございますので下記の通りお知らせ致します。

◆ルール変更適用日◆

2011年3月19日(土)

今回のルール変更につきましては、遊戯王ゼアルOCG「スターターデッキ」の発売日と同じく2011年3月19日(土)からの適用となります。


◆ルール変更点◆

●変更前
モンスターの起動効果を、モンスターの召喚(反転召喚・特殊召喚)に成功したタイミングに発動する事ができる。

●変更後
モンスターの起動効果を、モンスターの召喚(反転召喚・特殊召喚)に成功したタイミングでは発動できない。

※基本的にモンスターの起動効果は、特に指定の無い限り、
メインフェイズにて発動する事ができる効果になります。
何らかの効果処理が完了した時や、1つの行動の終了時という特定のタイミングに於いての発動はできません。
2011年3月18日までのルールではモンスターの召喚(反転召喚・特殊召喚)という特定の行動の終了時に発動ができるとなっておりますが、2011年3月19日以降はそのタイミングでのモンスターの起動効果は発動できないルールに変更となります。

2011-02-21 12:48:51
参考
http://yugioh.faq.konami.jp/EokpControl?&event=SE0002&cid=1801&fKeywords=&fKType=kwd&fType=faq&fSType=a&




このルール変更は主に上記の通り

『モンスターの召喚(反転召喚・特殊召喚含む)成功時のタイミングにおける、「起動効果」の発動に関するルールの変更』

になります。

※一部でよく「優先権が無くなる」というような表現が見られますが、
これは間違いであり優先権という概念自体が無くなるというというものではありません。
優先権という概念全体に対して影響を及ぼすものでもありません。
ただし、プレイヤーがこの優先権という概念を意識する機会が多いのもまた
今回のルール変更があった起動効果に関連するものが多いため、
やむを得ないものとも考えられます。
この件について周囲に説明する際には優先権が無くなるというような説明の仕方は
避ける方が懸命かと思われます。




以下、今回のルール変更によって起こりうる影響の自分なりの追記があります。
なんか書いてるうちになぜかものすごい回りくどい感じの内容になっちゃったんで、
読みにくいとかここが分からないとかここが間違っているなど意見があれば
コメントをいただけると幸いです。




1日1クリックお願いします(*_ _)人


これによって起こりうる事例を従来のルールと今回のルール変更で比較して挙げていきたいと思います。




以下、プレイヤーAとBが存在すると仮定し、Aをターンプレイヤー、Bを非ターンプレイヤーとするものとします。

【例】
<変更前>
Aが《ダーク・アームド・ドラゴン》を特殊召喚、召喚時の優先権を放棄せずに
《ダーク・アームド・ドラゴン》の効果を発動、
→Bが《ダーク・アームド・ドラゴン》の効果にチェーンして《奈落の落とし穴》を発動
→効果解決、《ダーク・アームド・ドラゴン》を《奈落の落とし穴》によって破壊、
→《ダーク・アームド・ドラゴン》の効果によって対象に選択されたカードを破壊

<変更後>
Aが《ダーク・アームド・ドラゴン》を特殊召喚、優先権を放棄
(ルール変更後は一度、優先権を放棄しなければ起動効果の発動が出来ないため)
→Bが《ダーク・アームド・ドラゴン》の特殊召喚に対して《奈落の落とし穴》を発動
→効果解決、《ダーク・アームド・ドラゴン》を《奈落の落とし穴》によって破壊


ルール変更前は《ダーク・アームド・ドラゴン》の特殊召喚を無効にされなかった場合、
《ダーク・アームド・ドラゴン》の効果の対象とするカードの選択次第では
最低1枚程度は相手のカードを破壊し、《ダーク・アームド・ドラゴン》自身が犠牲になったとしても
カードのアドバンテージの1:2交換程度は期待出来ました。

例えば以下のような状況です。


Bの場には何らかのモンスター1体と《奈落の落とし穴》が存在する。
ここでAが《ダーク・アームド・ドラゴン》を特殊召喚、
優先権を放棄せず起動効果でBの場のモンスターを破壊対象に指定。
→Bが《ダーク・アームド・ドラゴン》の効果にチェーンして《奈落の落とし穴》を発動。

結果、Aは《ダーク・アームド・ドラゴン》を《奈落の落とし穴》によって失うも
Bのモンスター1体を破壊する事が出来ているため、
・Aは《ダーク・アームド・ドラゴン》1枚分の損失
・Bは《奈落の落とし穴》を使ってしまったため1枚分の損失、
   モンスター1体分の損失でカード1枚分の損失、よって2枚のカードを損失しており、
AとBでは1:2のカードアドバンテージの交換が成立している。
Aはカード1枚分アドバンテージを稼いでいると言え、ゲームに有利になったと考えられる。


しかし、ルール変更後は《ダーク・アームド・ドラゴン》でカードを破壊する前に
《ダーク・アームド・ドラゴン》を除去することが出来るカードを相手が持っていた場合、
1:1交換以上のカード交換は出来なくなってしまいます。
これは従来の考え方に照らし合わせると、《ダーク・アームド・ドラゴン》に対して
期待されるカードアドバンテージの枚数が減るので、《ダーク・アームド・ドラゴン》は相対的に弱体化されたともいえます。

また《奈落の落とし穴》がもたらす結果は以前のルールに照らし合わせて考えると、
”起動効果を持つ”モンスターに対しては召喚そのものを無効にしたものとほぼ同等となる。

ルール変更前はモンスターは召喚を無効にされなかった場合には
1度まで起動効果を使用する事が許されていたので、
召喚されたモンスターの起動効果を使われたくない場合には必ず召喚を無効にするカードを使わならなかった。
ルール変更後は召喚を無効に出来ないカードであっても、
モンスターの召喚に対して発動出来る除去カードがあれば起動効果の発動を許されないため、
結果的に起動効果を持つモンスターの召喚を無効にされたのと同等であるとも考えることが出来る。
これはモンスター除去カード全般が相対的に強化されたことと同等と考える事が出来る。

これまではモンスターの召喚を無効にすることが出来、モンスターの起動効果を封じることで
《奈落の落とし穴》に対して一定の優位性を持っていた《神の警告》は
モンスターの起動効果を封じることが出来るか出来ないかという面では
優位性を失ったとも考えることが出来る。
(ただし、《神の警告》は起動効果以外の効果を封じるという点でも期待されるので、例外もある。)

今回は例として《ダーク・アームド・ドラゴン》を挙げて説明してきたが、
起動効果を持つモンスターは《ダーク・アームド・ドラゴン》以外にも数多く存在し、
それら全般が《ダーク・アームド・ドラゴン》のように何らかの影響を受けるものと思われる。

そして上記の例の影響を受けるであろう代表的な当該カードは以下の通り。
もちろん以下のもの以外にも数多く起動効果を持つカードはあるためそれらは割愛させていただく。

・《ダーク・アームド・ドラゴン》
・《裁きの龍》
・《スクラップ・ドラゴン》
・《マスター・ヒュペリオン》
・《ローンファイア・ブロッサム》
・《氷結界の龍 ブリューナク》
・《氷結界の龍グングニール》
・《ライトロード・サモナー ルミナス》
・《ライトロード・マジシャン ライラ》
・《カオス・ソーサラー》
・《BF-疾風のゲイル》
・《ダーク・グレファー》
・《ダークエンド・ドラゴン》
・《ならず者傭兵部隊》 etc...


特に起動効果と優先権の説明の際に最もよく用いられたであろう《ならず者傭兵部隊》が
ここに名を連ねているのはなんとも嘆かわしいというか。
いつも《落とし穴》に対して勝ち続けてきた彼らであったが、
ここでついに敗北を喫することになってしまった。

ただし、《ライトロード・マジシャン ライラ》・《ダークエンド・ドラゴン》については
今回の影響があるとも言いにくい面もある。

《ライトロード・マジシャン ライラ》は以前のルールに則り召喚直後に起動効果を発動したとしても
召喚反応系カードを含む何らかのカードによって妨害され、
効果解決時までフィールド上に表側攻撃表示で存在出来なくなれば
対象のカードを破壊出来なかったため、結果的に大差はないとも言える。

<ルール変更前>
A《ライトロード・マジシャン ライラ》召喚、優先権を放棄せず起動効果を発動
→B、《ライトロード・マジシャン ライラ》の効果にチェーンして《奈落の落とし穴》を発動
→効果解決、《ライトロード・マジシャン ライラ》は《奈落の落とし穴》によって破壊
→《ライトロード・マジシャン ライラ》が効果解決時には表側攻撃表示で存在しないため、
《ライトロード・マジシャン ライラ》の効果は不発、対象のカードは破壊出来ない。

<ルール変更後>
A《ライトロード・マジシャン ライラ》召喚、優先権を放棄する
→B、《ライトロード・マジシャン ライラ》の召喚に対して《奈落の落とし穴》を発動
→効果解決、《ライトロード・マジシャン ライラ》は《奈落の落とし穴》によって破壊



また《ダークエンド・ドラゴン》についても効果解決時に自身の攻撃力・守備力を
500ポイント下げる事が出来なければ効果は不発となるため、
これについてもルールの変更前と変更後では大した差がないと言える。
この点については上記の例とほぼ同じなので割愛する。

それとは別に大きな弊害を受けたであろうカードとしては、《ローンファイア・ブロッサム》が挙げられる。

これからは
《ローンファイア・ブロッサム》召喚
→優先権を放棄せず《ローンファイア・ブロッサム》特殊召喚
→優先権を放棄せず何らかの植物族モンスター1体を特殊召喚
という一連の流れが容易に出来なくなった。

これまでは上記のように召喚直後のタイミングでターンプレイヤーが起動効果を1度まで発動出来たので、
召喚無効系の妨害が無ければ召喚・特殊召喚をする手段が無くなるまで続ける事が出来た。

特に《ローンファイア・ブロッサム》多くの場合で
最低でも1度に1~2体、多くて3体以上のモンスターを墓地に送ることが出来る可能性があるため、
《貪欲な壺》の発動条件を満たすための弾として扱いやすかった。
が、今回のルール変更で1体目の《ローンファイア・ブロッサム》を召喚した時点で
相手の《連鎖除外》によって《ローンファイア・ブロッサム》を根こそぎ除外されてしまう可能性が出てきた。
《ローンファイア・ブロッサム》に戦線の維持と高速な墓地肥やしを期待して運用する際には
これは致命的である。
これは大幅な弱体化と言える。



とこのように今回のルール変更はルール上ではわずかな仕様変更ではあるものの、
起動効果そのものは非常に強力な効果が多く、試合では非常に局面を左右するようなものであったため
起動効果のルール変更は今後環境やプレイヤーに多大なる影響を与えていくと思われる。
これは自分としてはおそらくコナミがこれからの新規のプレイヤーを取り込むことを優先しているからだと考えている。
また、今回の変更はルールの追加というよりも従来からあったルールの削除にあたる変更であるため、
新規のプレイヤーよりも従来のプレイヤーの意識の変化が求められる。

ここで注意して欲しいのは再三伝えているように今回のルール変更はモンスター召喚直後に起動効果のみが撃てなくなるというものであり、召喚時に発動するような誘発効果などはこれまで通り問題なく発動することが出来るということである。

例:《邪帝ガイウス》等の帝シリーズモンスター・《終末の騎士》・《E・HERO エアーマン》等



そして、”モンスターの起動効果を使うためには召喚直後に優先権を一度放棄しないといけなくなった”だけであり、召喚行為によって他の行動の優先権も失われるというわけではない。
召喚直後のタイミングで優先権を放棄することなく、これまでのように《激流葬》などの魔法・罠カードを発動する事も可能である事を忘れないでいただきたい。


下記のようなことはこれまで通り問題なく行うことが出来る。

Bの場にモンスターが3体存在し、Aの場にはモンスターが0。
Aは自らの《激流葬》を発動するために自分でモンスターを召喚し、
これによってBのモンスターを一掃し、場のカードアドバンテージを得たいというような場面。

A、モンスターを召喚、これに対し優先権を放棄せず《激流葬》を発動
→効果解決、AとBの場に存在する全てのモンスターを破壊







とりあえずなんだか本文も文章の末尾も非常に切れの悪い感じになってしまいましたが、
もしここまで読んでくれた方がいらっしゃいましたら感謝しますwww
うん、なんだかどれくらいの層のプレイヤーに対して呼びかけてるか分からん文章になったのを
すごく反省しています。
今度からこういう書き方するかどうかは考え直そうかなw
とりあえず古参というか我々それなりに長いことやってきたプレイヤー間でこれを周知徹底していけたらななんて思います。
まぁこんだけ長々と書いてて自分でも色々とかなり自信ないんですけどねw



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<そういやぁさ | ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 | Vジャン情報>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。