スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今期最も鳥使いにとって痛手となるのは・・・
2010-03-25 Thu 11:12
今回は《ゴッドバードアタック》について色々と思う事があったので書いた記事

ただ、自分でもあんまりまとまっていない考え方なので

間違いまくってたり斜め上過ぎる発言が多いと思うので

意見が欲しいところwww



1日1クリックお願いします(*_ _)人



これからもあまりに【旋風BF】が暴れ過ぎるのであれば、

多くの鳥獣族使いのプレイヤーが誰もが一度は予想した事があるであろう

《ゴッドバードアタック》の規制という悪夢が来期には待っているかもしれない

準制までであればBF・鳥獣族全般共にそれほどのダメージでもないが、

加減をコンマイがまかり間違えて制限にでもなればBFはおろか

鳥獣族全体へのダメージははかりしれないだろう

元々BFを除けば事故が怖いので3枚積む事自体は難しかった《ゴッドバードアタック》であるが、

あくまで構築上難しいから選択肢からあえて外すだけであって

最大幅の選択肢が根本から存在しなくなればキツいだろうと思う

そして仮にも制限になればBF含め鳥獣族でデッキをまとめる意義すらもほぼ全て失いかねない

おおよそ残るのは《群雄割拠》・《一族の結束》が使えるという事くらいではなかろうか?

鳥獣族についてはBFを使わなければ鳥獣族のシンクロモンスターは現時点では存在せず、

《一族の結束》や《群雄割拠》でまとめるとパワーもダウンするため

環境に種族統一デッキが存在しなくなるなどの変化がなければ単純にメタとしても機能しなくなる


・・・とまぁ一番に予想される悪夢についてはまだ半年も先の話であり

猶予がある話なのでおいておいて・・・


それ以上に一番厄介なのは《ゴッドバードアタック》の規制の有無を問わずとも

今期を通して環境に《ゴッドバードアタック》への対処プレイングが浸透してしまう事なのかな?

と思う

既に過去の環境から【旋風BF】・《ゴッドバードアタック》の使用者が多いなどでとっくに

その辺のノウハウを得ている人からすればなんだ今更という話になるかもしれないが、

今期以前は【旋風BF】よりもそれ以外のトップメタを意識しなければ

ならない環境もあったであろうし、今期になってやっと【旋風BF】辺りを

意識しなければならなくなった環境もあるかもしれない

今期【旋風BF】の活躍によって《ゴッドバードアタック》への対処プレイを

強く意識したプレイングのノウハウが様々な環境まで新たに浸透する可能性はあると思う


今期を通り越しても戦術のノウハウや情報はフィードバックされ

蓄積されたプレイングなんかは来期以降も消え去るものではないと思う

鳥使いとしては非常に厄介な事態だと思う


そして今期から強く意識される《ゴッドバードアタック》への直接的なメタとして

《Starlight Road》の存在がここへ来てこちらに牙を向く

これまでは高額カードの代表であり、一部の大会上位を強く意識するような

プレイヤー間のメタゲームの中にのみ存在していた都市伝説的存在のカードだったが、

ここにきて安価な海外版の収録によって広く普及されることとなった


2010年3月期からは【ライロ】の絶対数が減少し、《Starlight Road》そのものの使用感は

いかほどのものか分からないとされていたが、結局は罠環境を後押しするカード、

さらに最も氾濫してきたBFの存在とあいまってメタカードとして機能し始めた


この事態を受けてややBFのとばっちりを受けた形の鳥獣族デッキであるが、

今後はどのような対処が残されているのだろうか?


・《Starlight Road》がメタに存在する事を受けてあえて《ゴッドバードアタック》を使わないデッキを使用する

・今期はBFでもなければ鳥獣族でデッキを縛る意義も薄いため、デッキのモンスターを
鳥獣族モンスターで統一しない事で《ゴッドバードアタック》の使用タイミングを読ませない






・・・ダメだ・・・www

対策が思いついてない状態で記事は書くべきではありませんね・・・(-_-;)

ここまで引っ張っておいて結局は斜め上なアイディアしか出てないってのが現状だったりしますw

しかもいずれのパターンも《ダーク・シムルグ》使うようなデッキの目線でしかないw

もしくは鳥獣以外を合わせること自体にメリットがあるドラグニティくらいか・・・?

ハーピィや風属性でまとめたようなデッキとなれば自然と鳥獣族でまとめるような

構築に向かっていくため上記のような選択肢はほぼとれない

最悪《風霊術-「雅」》という選択肢もあるにはあるが、

こちらはあくまで選択肢に存在する程度のもので《ゴッドバードアタック》ほど強気には

使う事も出来ないし、デッキに積む事も難しい

この話題について考え始めた時、自身が最もよく使うような《ダーク・シムルグ》のデッキについては

アイディアが浮かんだのであるが、残念ながら鳥獣で積極的にまとめるような

デッキとしては対策を考え付く事が出来なかった


とはいえ、このブログの主旨としては《ダーク・シムルグ》を使うようなデッキの話が

最低限出来ればいいとも思うのでここは強引に話を進めようと思う





じゃあ仮に話を進めて《ダーク・シムルグ》を使うようなデッキだと

《ゴッドバードアタック》を外す事になんの意味があるか?と問われれば次の2点かなと思う


・単純に環境カードの《Starlight Road》を意識してあえて入れないという点では
BFとメタが被らない事で相手の術中にハマりにくくなり致命傷を避けられる

・元々闇属性ではBF以外にはまともな鳥獣族がいないので、《ダーク・シムルグ》を
作る際には鳥獣族でまとめるのが難しかったという事で簡単に《ゴッドバードアタック》を
諦める事が出来る



前者の考え方はメタゲームの中では受身の考え方であり、自分のデッキのウリとなる部分を
あえて外す選択、後者は能動的な考え方であり、元より選択肢にはなかったものだと
ポジティブに考えて他の選択肢を探す事が出来る

前者の考え方は自分からデッキのパワーやウリとなる部分を自ら外す事になるため
攻めの構築に出来ない点であまり選択肢にはあげたくはないが
あまりにもBFが多い環境では有効になる可能性もある
BFメタに《スターライト・ロード》を構えられている環境に
自ら《ゴッドバードアタック》を抱えていくのは飛んで火に入る夏の虫であり、
《スターライト・ロード》に対してカウンターや《王宮の弾圧》なんかを
特別に用意していないデッキでは得策ともなりうる

後者の考え方は割と常々考えている事で自分としては必要がなければ
容易に《ゴッドバードアタック》をデッキから外す事が出来ると考えている
これまでも《ダーク・シムルグ》を含む鳥獣族デッキであっても
環境に合わなかったり、使いにくければ《ゴッドバードアタック》は外してきた
《ダーク・シムルグ》の存在自体が元々鳥獣族が主体となる風属性と
それ以外の要素を持ち合わせる強力な闇属性との橋渡し的な存在であるため、
この点は必然的な要素であるともいえる
《ダーク・シムルグ》のデッキにとって《ゴッドバードアタック》は必須と言うほどの
カードではないと思うし、環境上もっと使えるカードがあるのであれば
そちらを優先することになるスペースのカードである

前者が環境の煽りを受ける考え方であるのに対し、
後者は環境の影響が少なく自分からデッキを作る構築の時点での話しとなる
BFが構築の都合上《ゴッドバードアタック》を入れないという選択肢が
ほぼ皆無であることに対して《ダーク・シムルグ》のデッキは
《ゴッドバードアタック》を使わずともデッキが成り立つという点において差異を出せる





では逆に今度は《ゴッドバードアタック》をデッキに入れる前提で
プレイングの話になってくるが、これは完全に状況によりけりであり
わずかな試合の限定的なシーンでの話しとなる

BFは多くの場合で《ダーク・アームド・ドラゴン》を除く全てのデッキ内のモンスターが
鳥獣族モンスターとなるため、モンスターを出しセットを1枚追加する度に
相手は常に《ゴッドバードアタック》の存在を強く警戒する事になり、
対処の札を用意するか《ゴッドバードアタック》を撃たせにいくか
撃たせないプレイングを取ってくる事になる

それに対して《ダーク・シムルグ》のデッキはBFのように
常に鳥獣族モンスターを維持できるわけではないため
《ゴッドバードアタック》の運用には鳥獣族モンスターをコストに用意する際に
多少はプレイングで噛み合わせる必要が出てくる
アタッカーとなる鳥獣族を召喚出来るようになる頃には
《奈落の落とし穴》等除去カードへのカウンターとして《ゴッドバードアタック》を撃てるように
なっていることが理想的であるため
次のターンへの布石として《ゴッドバードアタック》が撃てない状況であっても
場持ちがいい鳥獣族以外のモンスターを出してそのバックに
《ゴッドバードアタック》を置いたりもする
例えばオレの場合はこの場持ちがいいモンスターというのは
《墓守の偵察者》の事であり、相手の攻撃を受ける等してモンスターを稼ぎ
返しのターンで《霞の谷の戦士》を召喚しつつ☆8シンクロを狙う頃には
仮に相手から《奈落の落とし穴》・《月の書》で妨害されたとしても
《ゴッドバードアタック》で反撃するくらいの戦術が取れる
《墓守の偵察者》を相手の攻撃を通しつつリバースする事で
相手にもあえて攻撃を通させたのだという印象を与える事が出来、
バックのカードが単に発動出来ずに腐っているかもしれないという印象を
ごまかす事が出来る可能性がある
仮に《ゴッドバードアタック》のコストに出来る鳥獣族モンスターを
引けていない場合にも場を繋ぐカード(オレは主に《墓守の偵察者》・《墓守の番兵》)を展開する事で
《ゴッドバードアタック》が腐っている状況を時間を稼ぎつつ
カードを引き待ち出来ればごまかせる

ただし、これも状況次第では危険なプレイングであり、
手札の内容の中で除去を期待できる効果のカードが
《ゴッドバードアタック》のみという状況では
伏せ割りであっさりと処理されてしまうと一気に詰みかねないので
手札と相談しつつこのようなプレイングを取るか決めたい

とりあえずこの項ではBFはモンスターを出す度に
《ゴッドバードアタック》を意識した動きをされる可能性はあるが、
《ダーク・シムルグ》は鳥獣族モンスターを出すタイミングと
《ゴッドバードアタック》を出すタイミングをズラしながら動く事で
どのタイミングで相手に《ゴッドバードアタック》を意識させる事になるかを
コントロール出来るのではないかという提案をしたかった


別窓 | 未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
<<《ダーク・シムルグ》と《月の書》について改めての裁定確認 | ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 | 【オレ】アーカナイトダムルグ【デッキ】>>
この記事のコメント
あれ?雷神鬼は鳥獣じゃなかったか?(笑)


ゴドバ規制かかったらダムルグ苦しいな・・・
そしたらデュアル軸ダムルグくらいしか残らないかも(-ω-`)
ハーピィとか完全に消滅するわ(笑)
2010-03-25 Thu 11:58 | URL | くろかぜ #-[ 内容変更] | top↑
旋風BF使いなら「スタロとか弾圧でおkwwww」って鳴るんだけども・・・うーん・・・

やっぱ私的にもデュアルダムルグがいいかなぁと思います~
2010-03-25 Thu 12:21 | URL | 衣空 #3/VKSDZ2[ 内容変更] | top↑
エースアタッカーのファールコーーンもゴドバを使いやすいモンスターですからねぇ。

鳥獣のサポートはBF以外ではないのでドラグニティドライブに期待するしか…

まあしかしそこはコンマイ、ドラゴン族サポート強化かDTの折り合いで装備魔法の強化という事をしでかすのが想像できるのが悲しいところ(笑)
2010-03-25 Thu 14:31 | URL | ベルン #SHB8K2PE[ 内容変更] | top↑
すいません;実は俺、ゴドバ3枚持ってはいるんですけど
鳥獣作るときには入れないんですw
確かに強いんですが、大会で役に立ったためしがなく、
逆にゴドバを使用したせいで負けるというトラウマもありw
まぁ自分のプレイングの悪さのせいなんですが・・・
2010-03-25 Thu 16:58 | URL | ユベル #-[ 内容変更] | top↑
【ダーク・シムルグ】において《ゴッドバードアタック》は二枚程度が限度な気もしますね。
そして《オネスト》が準制限でとどまったので《ゴッドバードアタック》もかかって準制限だと思いますねー

まぁそれはおいといて、
【ダーク・シムルグ】戦において《ゴッドバードアタック》を警戒するような動きを見せられた事がないのでなんとも微妙ですが、
対処法を相手がやってきても、こちらも弱点(?)はわかっているとは思うのでプレイングでカバーするのが一番だと思います。
結局乱戦での《ゴッドバードアタック》は強いですし、次の環境に大量破壊カードがなければ《スターライト・ロード》の採用率もがくんと落ちます。

なので今から悲観しててもしょうがないですよ!
鳥獣使いとして魂をささげて相手を粉砕しましょうw
2010-03-25 Thu 17:42 | URL | ねてて #-[ 内容変更] | top↑
私もダークシムルグとレッドアイズダークネスメタルドラゴン
の二枚のカードをそれぞれ一枚以上入れて大会に出ているので毎回楽しくブログを拝見させていただいています。
そんな立場なので役に立つか分からないのですが私は、
この二枚に対応している闇のデッキ破壊ウイルスを使っています。
このカードは破壊枚数がたいていの場合確実に二枚以上
にならないのでスターライトロードは飛んできません。
参考になれば。
長文しつれいしました。
2010-03-25 Thu 17:48 | URL | レダメ #-[ 内容変更] | top↑
>くろかぜさん

《霞の谷の雷神鬼》は雷z(rywww
こいつが鳥獣なら強いのに・・・w

デュアル軸はオレもちょっと考えた事が
ありますがいかんせん罠枠足りなくて
ちょっと防御が手薄になりまくるのが怖いんですよねw
《ゴヨウ・ガーディアン》への耐性を失うのが危ないですw
《デュアルスパーク》使えるようになるのは利点かもしれないですが・・・

>衣空ちるさん
《霞の谷のファルコン》入れるデッキならば
《ダーク・シムルグ》でも《王宮の弾圧》は
出来るんですけどね~(-_-;)

やっぱりデュアルは最悪の場合の
残された道になるんですかね~?
研究しておく価値はあるかもしれないですね
《未来融合-フューチャー・フュージョン》で
《ダーク・ヴァルキリア》と《チューンド・マジシャン》落として
《ダーク・シムルグ》とか・・・

>ベルンさん

《霞の谷のファルコン》も《ゴッドバードアタック》を
使えるからこそ使う利点が見出せますからね

ドラグニティドライブ、自分も期待していますが
最近のストラクは宣伝文句と実際の中身が
異なるので怖いですwww

>ユベル

文中にもあるように《スターライト・ロード》が
多い環境だとちょっと使いにくいけど
やっぱり《ゴッドバードアタック》は基本的には
鳥獣族使う上では切り札だから
調整しつつ使ってごらん?
相手にもよるけど基本腐ったりはしないからね~
特に今期になって使いやすくなったよ~

>ねててさん

>《ゴッドバードアタック》は2枚
オレもその点については同意ですね~
どうしても闇属性を採用する際に鳥獣族のみで
統一しきれないので3枚入れるのが難しかったりします
規制に関してですが、2枚であればまだ
やれる気はしますね~あくまで《ダーク・シムルグ》に
限った話になりますが・・・

割と身内ではオレと戦い過ぎて?
なのか《ゴッドバードアタック》を撃たせないように
1枚以内で動くカードを出されたりはしますねw
まぁ大会では確かに先読みされた経験も少ないので
俺の自意識過剰なのかもしれないですがw

そうですね~あまりのBFの活躍に
勝手に危惧し過ぎている気もします
こちらも何も考えずにやってきたわけでもないし、
生き残る術くらいは見つけていけばいいかもしれないですねw

>レダメさん

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》がデッキにあると
《闇のデッキ破壊ウイルス》は確かに使いやすそうですね~
特に今期なんかは相手のデッキが分かった上で
魔法・罠宣言を使い分ければ非常に優位に立てる気もします

ちょっと採用考えてみようとも思いました~
貴重なご意見ありがとうございました

2010-03-26 Fri 00:20 | URL | ダムルグの使い魔 #-[ 内容変更] | top↑
う~ん、ダムルグ主体だとゴトバあるんじゃないかって先入観に囚われる気がしますね。
とはいってもデッキによってはスタロ入らない場合もあるからサイドには欲しいかもですね。

それとは話が変わりますがこれについて何か一言
ttp://yugioh783.blog89.fc2.com/blog-entry-201.html
2010-03-26 Fri 01:57 | URL | スサノオ #UP.IUZac[ 内容変更] | top↑
ダムルグの使い魔さんに「ありがとうございました」とコメント貰えてとても嬉しいです

これからもガンバって下さい
応援してます ノシ
2010-03-26 Fri 03:13 | URL | レダメ #-[ 内容変更] | top↑
>スサノオさん

お久しぶりです~(´・ω・`)ノシ

やっぱり環境とか無視して
オーソドックスなダムルグデッキ組むならば
《ゴッドバードアタック》使わない理由はないんですよね~
環境次第なカードって感じですね~BFに比べると・・・

>1キルループ
妨害が困難であるために各地で流行ってるみたいですね~(-_-;)
タイムリーな話になると別府店でも
フルモンスターが優勝していましたからね~
個人的には現在メイン《王宮の弾圧》を使っているので
先行ループ以外ではなんとか出来るのではないかと
思っているのですが、やってみないと分からないですね~

>レダメさん

オレも皆さんに出来る限り情報を出したいと思ってブログを
やっているんですが、やっぱり皆さんから貴重な意見・情報を
頂く事も多いですからね~
その時には非常に感謝していますよ
ここを交流の場にしたいと考えていますからね
これからもよろしくお願いします~

2010-03-29 Mon 20:49 | URL | ダムルグの使い魔 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。