スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ハンドレスイズム
2010-01-16 Sat 10:00
超絶駄文のため興味ある者のみ読まれるべし


ちなみにタイトルからインフェルニティを組みたくなったとかそういう話ではないことを

注意しておく




1日1クリックお願いします(*_ _)人
巷ではインフェル二ティが注目され始めてハンドレスハンドレス言われ始めているが

ハンドレスなんてオレなんか既に鬼柳さんが出始める前からやってたんだぜ!

え?《メカニカル・ハウンド》とか使ってなんらかのハンド0で

有益なテーマでも使ってたのかって?

いや、残念ながらそんなたいそうなもんじゃあない

単にオレのプレイスタイルってだけ

そりゃあもう手札は多いにこしたことはない

出来ることならエンドフェイズにボロボロと涙を流すように手札枚数の制限を超えて

たくさんのカードを失わない程度には多くの手札が欲しいものだと思う

それこそインフェルニティを使うプレイヤーを除けば多くのプレイヤーが望む

理想の姿であろう

しかしながらオレは気付けば手札がないのだ

あれ?オレは試合中にボケてどこかに手札を置き忘れて来たっていうのか!?

なんてことだ!

無慈悲なハンデスを食らったのか?相手はXXセイバーなのか?

いや、違う

単に手札を使いすぎただけのことだ

自分が悪いだけのことなのだ

手札を多く持つことこそが心理的にもカードアドバンテージ的にも

優位に立てるこのゲームにおいてオレはあえて自ら手札を使い切る傾向にあるのだ

まぁ過去には確かに《X-セイバー エアベルン》からの凄惨なまでのハンデスを受けて

心を折って枕を濡らした夜もあったさ

だが、多くの場合においてオレの手札がないのは全くをもって自分のせいであった

自業自得であり、過剰なプレイングがもたらした結果であった

手札がなくなったからといって何が起こるわけでもない

手札がなくなったのだからもっと何かが欲しいなんて甘えなのだ

全てカードを使いきったのは自分なのだ

がけっぷちに自ら進んで向かったのは自分であった

別に決してインフェルニティというテーマが嫌いなわけでもない

暗にここで否定しているわけでもない

むしろこのユニークなテーマの誕生を祝福したいとさえ思う

逆に手札をあえて0にすることで効果を発揮するなんて実にクレイジーで最高じゃないかと思う

もうそのテーマのギミックを聞いただけで多くの人間がハッピーになるだろうと思う

(仮にも現状判明しているソリティアがそれによって生まれたことが

周知の事実であることは別としてもだ)



さて話を戻そう



とはいえ、オレがあえてハンドを0にしてしまうことにもそれなりに理由はある

仮にもそれによってインフェルニティのように得られる強力な効果なんて

残念ながらない

なのにオレは自分のスタイルによってハンドレスへ向かう

なぜなのか?

引いてきたハンドに導かれてそこへ向かうしかないからなのだ

仮に先攻1ターン目のハンドが

《召喚僧サモンプリースト》・《大嵐》・《月の書》・《ダーク・シムルグ》・《奈落の落とし穴》

《次元幽閉》なんて引こうものならどうだろう?

君はこのハンドが指し示す未来に抗うことが出来るだろうか?

先攻1ターン目から《スターダスト・ドラゴン》・《ダーク・シムルグ》を並べ

かつその後方には3枚もの妨害するためのカードを置くことが出来るのだ

もしこの陣形が2ターンも上手く維持することが出来れば

勝ちは非常に近いのである

確かにこの陣形にもいくらか抜け穴はあるだろう

《大寒波》から《レスキューキャット》が出てきて《氷結界の龍 ブリューナク》から

バウンスを受けたり、《月の書》が欠けることがあれば

《洗脳-ブレイン・コントロール》のたった1枚から試合をひっくり返されることも

しばしばあった

が、仮にも相手が後攻1ターン目にしてそれらの札のうちのいくらかを

持っているとも限らないのだ

手札が今にも「さぁ行け」と語りかけてくる以上行くしかあるまい

かくしてオレは先攻1ターン目にして手札を使い切る

そうハンドレスなプレイングなのである

オレは手札から《召喚僧サモンプリースト》を通常召喚し、

またたく間に手札の《ハリケーン》を切り、《霞の谷の戦士》を特殊召喚し

《スターダスト・ドラゴン》をシンクロ召喚するのだ

オレと対戦したことがある人が見ればそれはもう見飽きた流れであることだろう

その後はしたり顔(いや、今では流行りのどや顔とでも言っておこうか?)で

墓地のコストを払い華麗に《ダーク・シムルグ》が特殊召喚されるのだ

そしてオレは《月の書》・《次元幽閉》・《奈落の落とし穴》をセットし

見ての通り先攻1ターン目にして見事ハンドレスをやってのけるのだ

おそらくこのプレイングには賛否両論があるだろうし

もちろんいつもこのような最善に近いほどのハンドとは限らない

《召喚僧サモンプリースト》と《ダーク・シムルグ》の2枚をハンドに揃えること自体は

難しいことではないが、それに伴い《スターダスト・ドラゴン》をサポートするための

重要な後衛となるカードを常に用意するのは難しい

よくて《奈落の落とし穴》1枚か《聖なるバリア-ミラーフォース-》1枚を

引き合わせて持っていればいい方であることが多い

けれどもオレの顔は晴れやかだ

先攻1ターン目にして通常は良しとされないシンクロ召喚を行うプレイングをしながらにして

相棒を誇らしげに立ててはどや顔で相手プレイヤーを眺める

自分は早くも全力を出し切って相手を試す姿勢になっているのだ

そうエンドフェイズを高らかに宣言した後は相手の表情をうかがうのみなのだ

手札などない

オレが見るべきは相手がどれだけこの状況に苦しんでいるかの確認と

場に残されたカードのみ

手札はなく両の手のひらは暇を持て余し、自由にしている

相手の出してきたカードに対して大げさにリアクションを取ることさえも

可能である

周囲に気を使って隠すようなハンドもない

シャッフルするハンドもない

腕は組まれ相手の手札から放たれるカードにのみその視線は注がれる

果たして相手はこのオレのこれ以上にない布陣を崩せるカードを引いてきたのか!?

そのことにのみオレの集中力が注がれているのだ!

相手がその札を引いてくれば素直に諦めるのみ!

その札が無ければ早くて2ターンをもって試合は決着する!

唯其れだけのことなのだ!

オレはこのようにして数多くの試合でいちかばちかの試合をやってきた



とまぁこのように常に相手より先手を打って全力の限りを尽くさなければならないのが

オレのこれまでのプレイングであり、《ダーク・シムルグ》デッキを使う上での

留意点なのである

これまでも何度もこのブログで述べてきたことなのだが、《ダーク・シムルグ》のセットを

封印する効果は強力であれど先に出しておかなければ影響力はないに等しい

よってこの点において相手より早く自分の手の内を晒さなければならない傾向にあるのだ

これによってオレはゲームにおいては多くのカードを隠しつつプレイすることは出来ない

《ダーク・シムルグ》を使う以上は限られてくる行動の一つなのである

そしてそのプレイングは具体的には相手よりも早く

手札を失うという行動に顕著に現れてくるのである

出し惜しみをしていては自分が憂き目に合うというわけだ

また《ゴヨウ・ガーディアン》が闊歩する現状においてはそれこそ

出来る限りのカードを先に場において置かなければ相手に《ダーク・シムルグ》を

奪われた際の罠によるリカバリーの手段さえも奪われてしまう

そういった部分を含めても相手より先手先手の動きが要求されてくる

何も恥ずかしがることなどないのだ

手札など場に置いておけ

何相手ターンに何枚もハンドを持っていたところで使えるカードの種類や枚数なんか

限られておる

ならば罠を置こうぞ!




え?何?《王宮のお触れ》?( ゚д゚)ポカーン



あぁ・・・すみませんでした(*_ _)人



ちなみにフルモンスターにおける《ダーク・シムルグ》の立ち位置については

この限りではないし、オレのように《ダーク・シムルグ》を出すことに特化していないデッキ

《ダーク・シムルグ》のデッキにおける重要性が低いデッキにおいては上記の限りではないことも

ここに付記しておく

そういったデッキでは当然ながらセットを封印する効果はあまり重視されていないし

おそらく《サイバー・ドラゴン》等のようにサブアタッカーとして使われていることが多いので

セット封印効果におけるウェイトは関係がない



ところでインフェルニティ、彼らはそんなに早くハンドを使い切ってしまうのであれば

《魔宮の賄賂》を渡し、カードを補給して差し上げようじゃないか

それに加えて《エクスチェンジ》(※ネタです。冗談です。)でも使って

我が相棒《ダーク・シムルグ》をプレゼントして差し上げよう

きっと特殊召喚なんか出来なくて手札に持て余すことだろうwww

え?《サンダー・ブレイク》か何かでハンドコストにされる未来が見える?

そこはガンバってもう1体の《ダーク・シムルグ》でも出して《サンダー・ブレイク》自体

セット出来ない状態にでもしてあげてくれ



え?何?《氷結界の龍 ブリューナク》?すみませんでした(*_ _)人



とりあえずインフェルニティに対してはまずジャンケンに勝てよというお話ですね

皆さん2月までにジャンケンを鍛えておきませう




まぁこんだけ長々と書いておいて何が言いたいかって言うと

大体鳥獣族を絡めたデッキってハンドの息切れ早いし

無意識にプレイングしてるうちに勝手にハンドレスになりますよねって話

で、それを《黒い旋風》や墓地アドで補える同種族のBFってやっぱりすごいよねーって話w

前半の口調がいつもに比べておかしいのがミソw


別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<《ダーク・シムルグ》VS【インフェルニティ】仁義無き戦い | ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 | ドラグニティの☆6シンクロの選択について>>
この記事のコメント
うーん‥‥
俺なら《奈落の落とし穴》セットのみでエンドですねw
《ハリケーン》は最強ですから展開する時のためにとっておきます。
《大嵐》と違って自分のを戻せるのがまじでミソですよ。

こうして書いてみると、
・《ハリケーン》《大嵐》所持なら待ちのプレイ
・返しのターンに抵抗させずに展開して戦闘でアドを取る
ってのが俺のプレイングなんですねー
なんか勉強になりましたw

N使ってハンドアドとるの楽しいですよ!w


ところで、ちょっと前の記事にて、事務局に簡単に質問できるとおっしゃられていたのである事を聞いていただけますか?
まぁ恐らく不可能なのですが、これができると俺のデッキに革命が起きるのでw

「自分フィールド上に《魔封じの芳香》が発動されている時に、《魔封じの芳香》を墓地に送って手札の《マジック・プランター》を発動する事はできますか?」

というものです。
《王宮のお触れ》を《マジック・プランター》で墓地に送ったらカウンターできるのと同様に、
「セットしなければ発動できない」という効果が発動コストで消されているので発動できるのでは?
と、思う事があるので‥‥

まぁ恐らく無理ですが、できたら本当に戦法が変わるのでw
よろしくお願いします。
2010-01-16 Sat 13:52 | URL | ねてて #-[ 内容変更] | top↑
>ねててさん
まぁプレイングは人それぞれあるので
とりあえず今はおいておいて・・・

質問の件は一応コナミさんの方にメールしておきました
とりあえずメールが返信され次第記事にしたいと思います

自分も同じことよくするのでさすがに《魔封じの芳香》で
魔法の発動自体が制限されている分無理かなと
思うのですが、まぁオレが勝手に裁定出せないので
聞いておきますね

2010-01-16 Sat 14:03 | URL | ダムルグの使い魔 #-[ 内容変更] | top↑
ありがとうございます!
俺も無理だとは思ってます。
でも万が一ってのがあるので。コナミですしww
2010-01-16 Sat 14:05 | URL | ねてて #-[ 内容変更] | top↑
昨日コーラサワーにあんだけハンドレスハンドレス言われたらこういうことしたくなるわな。笑
2010-01-16 Sat 15:27 | URL | ブリュナ #-[ 内容変更] | top↑
>ブリュナ
まーそれもあるわなw
とはいえ毎度毎度レアトマに来るときに
デッキも持ってこない丸腰ヤローなんて
基本眼中にねーがなwww

2010-01-16 Sat 15:59 | URL | ダムルグの使い魔 #-[ 内容変更] | top↑
>ねててさん
まぁ聞くこと自体大した手間でもないのでねw
自分も気になるっちゃあ気になるので
いい機会ですよ
返信が楽しみですね

2010-01-16 Sat 16:01 | URL | ダムルグの使い魔 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。