スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
【アンデシンクロダムルグ】を構想する
2008-06-20 Fri 05:12
アンデッドワールド、CSOCの発売に向けて

そろそろ少しずつでも【アンデシンクロダムルグ】を構想してみなければと思う

そこでまずはレシピから構想してみた

細かい枚数調整やら手に入ってないカードが多いため

かなり粗い構築だけど、とりあえず一端カタチにしなければと

40枚考えてみた・・・

《生還の宝札》からのドロー加速に期待したい

しっかしタイトル長ぇーw

【アンデシンクロダムルグ】

(デッキ 40枚)

(モンスター  23枚)
《ダーク・シムルグ》
《風帝ライザー》
《霞の谷の戦士》チューナー
《ハーピィ・クィーン》
《終末の騎士》
《ゾンビキャリア》チューナー
《ゾンビ・マスター》
《クリッター》
《魂を削る死霊》
《闇竜の黒騎士》
《N・グラン・モール》

(魔法 10枚)
《死者蘇生》
《早すぎた埋葬》
《大嵐》
《サイクロン》
《洗脳-ブレインコントロール》
《アンデッットワールド》
《生還の宝札》

(罠 7枚)
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《激流葬》
《神の宣告》
《死のデッキ破壊ウイルス》
《魔宮の賄賂》

《奈落の落とし穴》


(エクストラデッキ 9枚)
《A・O・J カタストル》
《マジカル・アンドロイド》
《氷結界の龍 ブリューナク》
《ゴヨウ・ガーディアン》
《スターダスト・ドラゴン》
《メンタルスフィア・デーモン》
《レッド・デーモンズ・ドラゴン》
《ミスト・ウォーム》


まず、《王宮の鉄壁》の登場でトップとメタが被ってしまうという

迷惑を被り立場が危うくなってきたダムルグ

ここがまずアンデを絡めた構築の始まりだった


そこで、むしろアンデット族が闇属性というのを利用して

こっちも利用してやろうというものである

《王宮の鉄壁》下ではこちらが得意なダムルグの手札からの速攻召喚はできなくなるが

アンデットを使い、メタ返しが被るのであればこちらもそれを利用できることになる

そこで、あえてこちらは《王宮の鉄壁》はメインからは採用せず

相手に使ってもらおうというもの

それでもこちらがアンデットの立場として《王宮の鉄壁》が必要ならば

サイドに採用することとする

恐ろしいのは、アンデワ下では

《終末の騎士》→ダムルグ墓地→ゾンマスでダムルグ復活→ゾンマスで終末復活→ダムルグ墓地
→ゾンマスでダムルグ蘇生とかできること・・・( ゚Д゚)ポカーン

まぁ手札コストなどがあるため、そう簡単にはいかないようにも思えるが

《生還の宝札》などもあり、もともとアンデットは蘇生自体が戦術であるため

実際にはそう難しくはないと思われる

《ゾンビキャリア》も攻撃力が1000以下であり

もともとから採用していた《クレボンス》が1200で死デッキの媒体範囲外だったので

こちらに変更した場合はさらにウイルス成功の確率も上げられる

そして、ウイルスだけしかない場合でも自身が墓地から帰ってくるためムダもない

単体で2回近いシンクロも狙えると思われる

☆も2で《クレボンス》と同じであるため、デッキのバランスにも影響は少なそうだ

そして、さらに、墓地より除外する戦略が使えない点を逆手にとるのであれば

風属性と闇属性のバランスも気にする必要はない

《奈落の落とし穴》に関しては《王宮の鉄壁》があればどうなるのだろう?

除外は出来ないので墓地に落とすことになるならば

まだ除去カードとして使えるが、これが除外するためのカードが発動できないのであれば

このカード以外の除去を考えるか、デッキの構築バランスを見直す必要がある

おそらくパーミッションの体制は取れなくなるかもしれない

そして《アンデットワールド》で種族の書き換えもあるため

安定して撃てるか不確定な《ゴッドバード・アタック》もこの場合では不採用

《王宮の鉄壁》が流行るのであれば《D.D.クロウ》も怪しい

《D.D.クロウ》がいないのであれば、《死のデッキ破壊ウイルス》の採用も考えものだが・・・

その分《D.D.クロウ》の枚数を減らすなら《ゾンビキャリア》自体の枚数を増やしてもいい?

一番様子を見る必要があるのは、《王宮の鉄壁》がどれだけ環境に効果を及ぼすのか?流行るのか?

という点だろう

簡単に永続カードは割られる環境なので、

除外がメタとなる場合はこいつを必死で守らなければならないだろう

さらに神宣、賄賂が横行しているので、発動すら出来るかわからない

メタとしてサイドに採用する場合は考えられるが、そもそもアンデットですらメインから

採用するとは思えない

除外を効果を使用しない相手では腐ってしまう

唯一の憂うべき点は《ハーピィの狩場》以来の久々のフィールド魔法採用だ

やはり強力な効果とはいえ、自分を守る効果のないフィールド魔法で戦うのは

結構危ないし、これがないと始まらないデッキ構築になってしまっている

1枚では成り立たないカードを採用する際には枚数調整が難しい

実際には大体1~2枚がいいと考えているが、このカードの場合は別だし

《テラ・フォーミング》を積むのもなんか違う気がする

《ハーピィの狩場》が使えたのも《ハーピィ・クィーン》あってのことだし

あちらでは戦術の補助であって戦術に必須というわけではなかったので

手札コストにしたりという活用も楽だった

一つこのカードに期待しているのはアンデット族以外のアドバンス召喚を封じるというもの

やや罠に頼る構築のため、《人造人間-サイコ・ショッカー》の登場が防げるのであれば

結構おいしいと思ってる

ただ、一番言われたくないのは・・・


「アンデットもダムルグよりダムドと組み合わせた方が強いんじゃね?」とかかなw


まぁ何にせよ今の時点ではアンデットの強力なカードはまだ手に入ってないし

このままでは机上の空論や妄想レシピなので

とにかくアンデワを早く3箱揃えて、キャリアや黒薔薇をゲットせねばねf^_^;

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<遊戯王(ガセ)カードWiki | ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 | さらに追撃w新情報が止まらないwww>>
この記事のコメント
ゾンマスが呼べるのは、LV4以下だから。間違うな。後、生者を指せ。鉄壁は純粋なアンデットとは意外にシナジーが合わないから、サイドで対策するのがベスト。
2008-06-20 Fri 14:22 | URL | Edy #-[ 内容変更] | top↑
>Edy
悪い悪いw

オレも今日カードを見て思いだしたよw
間違ってたことにさ
だからやろうと思ったらダムルグ自身の再生効果か
生者がいるってことにやっと気付いた(-_-;)

あとは《闇竜の黒騎士》も属性が光だったことも訂正するわ

あとアンデワは純アンデ以外なら結構構築煮詰めないと、アンデと関係ないカードが腐り始めて事故るわ~
2008-06-20 Fri 21:45 | URL | ダムルグの使い魔 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。