スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
【忍者シンクロダムルグ】
2008-06-12 Thu 01:11
まだ《速攻の黒い忍者》が1枚もなくて

机上の空論だし、調整もできないけど

これで実現が近づいてきたので

ためしに一旦草案を出してみましたw

【忍者シンクロダムルグ】

(デッキ 40枚)

(モンスター 22枚)
3《ダーク・シムルグ》
1《風帝ライザー》
3《速攻の黒い忍者》
2《忍者マスターSASUKE》
1《ならず者傭兵部隊》
2《女忍者ヤエ》
1《終末の騎士》
3《ハーピィ・クィーン》
3《霞の谷の戦士》
3《忍者義賊ゴエゴエ》

(魔法 7枚)
2《増援》
1《洗脳-ブレイン・コントロール-》
1《死者蘇生》
1《早すぎた埋葬》
1《サイクロン》
1《大嵐》

(罠  11枚)
3《忍法 変化の術》
2《ゴッドバード・アタック》
3《神の宣告》
1《魔宮の賄賂》
1《聖なるバリア-ミラーフォース-》
1《激流葬》

はい

やっぱり手元にカードがないのと

対戦経験がないと実際の枚数構成に悩んでしまうので

難しいですね

特に《忍法 変化の術》と”忍者”と名の付くモンスターの枚数なんかは

かなりシビアなもんでここの枚数調整が難しそう

《忍法 変化の術》から出せるダムルグ自体は強いけど

忍者モンスターは軒並み攻撃力1500~1800ラインのアタッカーってだけだもんな

果たしてメインの【シンクロダムルグ】と比べてどっちが強いのか・・・?

一概には言えないだろうけど、こっちはサイド構成はどうすべきなんだろうな~

あと、増援が採用できることから、下級の戦士もサイドに投入できるし

《忍法 変化の術》に頼りきるつもりなら

いくらかダムルグ自身の再生や速攻召喚の効果に固執しなくてもいいから

さらにデッキの幅が持てるんだよね
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<現在構想中デッキ 追記 | ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 | 現在構想中デッキ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。