スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
キ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
2008-07-31 Thu 17:40
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



封筒表


封筒裏


パック表


パック裏




やった♪

やっとオレの元にもLE12がキター!

待ちわびていただけに、超嬉しいですw

え~でもね・・・さっき帰ってきたばっかですが

まだパック開けれませんw

こないだ紫音がメールで「開けられない」って言ってた気持ちが

ようやくわかりましたwww

(オレは「早く開けよう」と紫音にせかしたクセになwオレひどいw)

やっぱり2パック頼んでおけばよかったと後悔する瞬間ですねw

1パックだけだとなんかもったいないもんね

戦利品
LE12
《ダークエンド・ドラゴン》
《ライトエンド・ドラゴン》
《カオスエンドマスター》
《混沌球体》

(ただし記事を書き終えた時点で未開封w)

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
今度こそ・・・
2008-07-31 Thu 03:10
1個前の記事でティーチングとか言ってたのに

何故か結局はうんちくみたいになってしまい

コドマリックマあたりなんかが

(°Д°)ハァ?みたいになってしまったと思われるので

今回こそは、と補足記事でも・・・

今回は簡単なプレイングについて

思いつく限りに箇条書きで書いていこうかな?

状況次第ではこの限りではないけど

大体この基本を守っていくと、痛いミスとかで

大きな局面を逃したり、勝ちを逃したりはしなくなると思う

・なるべくバトルフェイズ前には魔法・罠は伏せない
魔法・罠のセットはバトルフェイズ終了後のメインフェイズ2で行う

・相手の場にカードが全てなくなった状態で
こちらの場の複数のモンスターで攻撃する場合は
かならず相手に攻撃するモンスターの順番を告げて
攻撃する
その際、なるべく攻撃力の低いモンスターから順に
攻撃するべし


・攻撃宣言する前にはなるべく相手のライフポイントを確認
こちらの場のモンスターの攻撃が全部通った分のダメージが
相手のライフポイントを上回っている場合、なるべくモンスターは
追加で出さない

・モンスター・魔法・罠の効果で相手のカードを破壊する場合
コストに使うカードの枚数、破壊されるカードの枚数を数えて
なるべくこっちのカードが多めに残るように計算して使う

例 自分:相手でX:X交換という風に

・相手の魔法・罠ゾーンに伏せたカードがあり
手札に魔法・罠除去が出来るカードがあるとき
他のカードを出す前にとりあえず魔法・罠除去カードから
先に使ってみる


で・・・

・カンを鍛えるw
これはかなりこのカードゲームでは重要ですよw
特に相手の伏せカードを1枚1枚除去するときには
どっち(どれ)を選ぶかという選択一つで
かなりその後の戦況に影響してくるので
ハンデスするときなんかもそうですが
このカン一つで相手を泣かせるときもありますw

一つ裏技を言っておくとこのカードゲームは
箔押しのカードの反りが激しいので
いくら裏置きで出ているカードとはいえ
多少相手の伏せカードの反り具合で判断できる場合もありますw
少し反則くさいですが、別に相手のカードを勝手に表向きにして
見てるわけじゃないので、一応最悪の場合の手段として使えますw
反ってるような箔押しカードには強力なカードが多いので
相手のカードを裏向きから判断して、反っていそうなら
それはある程度警戒が必要なカードですw


あとはデッキを作るときの注意かな?

比率はだいたい

モンスター:20~24
魔法:10~15
:5~9

って感じかな?
最初はモンスターの数は24枚くらいから始めないと
なかなか引けない状況に困って
混乱しかねないから注意

他にも最近でじゃ極端な枚数と比率で組んだデッキが
主流で流行っていたりするけど
それはとても特異な構築なので
あまり参考にはしないこと

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アンデダムド作るなら・・・
2008-07-31 Thu 02:12
コドマリックマが参戦ということで

デッキ作成例として

作れる範囲のものと、さらにパワーアップした場合の

デッキをあげてみました

後半はちょっと先に踏み込みすぎてるし

始めたばかりのコドマリックマにはなかなか飲み込めないかもしれないけど

話半分に聞いておいて、時間が経つたびに読み返してくれれば

アタマに入っていくと思います

で、最初は

コドマリックマはここあたりを目標に組んでみるといいかな?

まず、1個目はアンデワストラク2個買った場合と

それに数枚を足した場合のレシピについて



【アンデダムド】

(デッキ 40枚)

(モンスター 24枚)

3《ダーク・アームド・ドラゴン》
3《ゾンビ・マスター》
1《ゴブリンゾンビ》
3《ピラミッド・タートル》
1《ゾンビキャリア》
2《闇竜の黒騎士》
1《邪神機-獄炎》
1《真紅眼の不死竜》
1《龍骨鬼》
1《スナイプストーカー》
1《魂を削る死霊》
1《冥府の使者ゴーズ》
1《終末の騎士》
2《ネクロ・ガードナー》
2《サイバー・ドラゴン》

(魔法 12枚)
1《死者蘇生》
1《早すぎた埋葬》
1《大嵐》
1《サイクロン》
2《強制転移》
2《生者の書-禁断の呪術-》
2《アンデットワールド》
2《生還の宝札》
1《洗脳-ブレイン・コントロール-》

(罠 4枚)
3《奈落の落とし穴》

もともとアンデット族はモンスターを倒してもらうのが

仕事なのであまり相手の戦術を邪魔するような

罠を採用しなくていいのがポイントですよね

伏せカードなんてほとんど出さないんで

《冥府の使者ゴーズ》も出しやすいです

さらに、伏せカードを使用しないんで、初心者プレイヤーにとっても

混乱する原因を作りにくく、使いやすいでしょう

まぁそれでも相手の戦闘耐性持ちのモンスターや

攻撃を封じられてしまう永続魔法・永続罠なんかで

止まってしまうのも癪なんでどうしても割るカードを採用するなら

《サンダー・ブレイク》なんかがオススメです

手札のアンデ捨てて( ゚Д゚)ウマーみたいなね

それと、アンデダムドに《ゾンビキャリア》が入る場合は

シンクロ召喚自体が戦術に絡んでくる上に

それこそが強さの要因となってくるので、キツいけど

シンクロモンスターのライブラリーを集めるのが大一歩だね

まずは《ゾンビキャリア》から出しやすいレベル6シンクロモンスターの

《ゴヨウ・ガーディアン》を1~2枚揃えるといいかも?

《ゴヨウ・ガーディアン》なら1枚500~600円なので

強力かつシンクロの入門にはオススメです

アンデでは何回もレベル6シンクロが出せる機会が訪れるので

ここの層がいかに厚いかがキモになります




(ここからはちょっと長いので、読む気力があればどうぞf^_^;)


そして、最終的にはこんな感じになるんでしょうかね?

以下のような感じにできるといきなり大会でも優勝を狙えるくらいの

トップメタの仲間入りが出来そうです

しかし、問題は9月1日の制限改訂までに

コドマリックマが組むことが出来るか?

(しっかり組もうとすると資産的にキツイはず・・・)

もしくはこの改訂でこの構築がすり抜けられるか?

がポイントでしょうね

【緊テレアンデダムド】
(デッキ 40枚)

(モンスター 24枚)
3《ダーク・アームド・ドラゴン》
3《ゾンビ・マスター》
2《ゾンビキャリア》
3《クレボンス》
3《馬頭鬼》
1《サイコ・コマンダー》
2《ゴブリンゾンビ》
2《終末の騎士》
2《サイバー・ドラゴン》
2《邪帝ガイウス》
1《冥府の使者ゴーズ》

(魔法 15枚)
1《死者蘇生》
1《早すぎた埋葬》
1《大嵐》
1《サイクロン》
3《生還の宝札》
3《緊急テレポート》
2《おろかな埋葬》
1《洗脳-ブレイン・コントロール-》
2《異次元からの埋葬》
1《ハリケーン》

(エクストラデッキ 15枚)
2《A・O・J カタストル》
1《マジカル・アンドロイド》
2《氷結界の龍 ブリューナク》
2《ゴヨウ・ガーディアン》
1《ブラック・ローズ・ドラゴン》
2《スターダスト・ドラゴン》
1《メンタルスフィア・デーモン》
1《レッド・デーモンズ・ドラゴン》
1《ミスト・ウォーム》
1《剣闘獣ガイザレス》
1《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》

(サイドデッキ 15枚)(仮組み)
3《砂塵の大竜巻》
3《大寒波》
2《D.D.クロウ》
2《ネクロ・ガードナー》
1《サンダー・ブレイク》
1《死のデッキ破壊ウイルス》
2《奈落の落とし穴》
1《N・グラン・モール》

まぁ今回はオレの考えとしてはこのデッキは

わりと守りに入らずとも一方的に勝ててしまう可能性があるんで

罠を1枚も入れない構築にしてますが

実際には《異次元からの埋葬》2と《ハリケーン》1のところを

罠3枚に変えてもいいかもしれません

あとは《生還の宝札》3も2に変えてもいけるのかも?

《生還の宝札》についてはほとんど枚数が個人の好みな

感じですが、オレとしては《ゾンビキャリア》のデメリット解消に

必須と思われるので、3は必要と考えています

サイドも割愛している部分は実際に要調整とか

環境読みとかあるので鉄板ぽい構成ということでね

《邪帝ガイウス》2も別の魔法カードかモンスターでいいかも?

基本はメインからでも十分に勝ちを狙える構築なんで

サイドにはあまりアタマを悩ませる必要はないかもしれませんが

それでもほかの環境トップメタはクセがあるので

サイドには《D.D.クロウ》を1~2

(これもメイン挿しでいいかもしれんが・・・

入れ変えるなら《邪帝ガイウス》か《ゾンビキャリア》1のスペース)

そして、相手によっては《ネクロ・ガードナー》もありかも?

本当言うとこれもメインでいいかもしれんけど

基本守りよりは攻めに行くデッキなんでね

というわけでこのデッキの場合のサイドは上記の通りで

アンデならではの展開攻めも有効なんで、

《N・グラン・モール》もメインでいいかも?

ややメタを読みきれてない感じのサイドですが

仮組みなので、ご容赦を・・・f^_^;

あとは環境メタで

【剣闘獣】→《邪神の大災害》
自身としては魔法・罠ゾーンにあまりカードをおかないので
魔法・罠ゾーンの全壊は痛くない
      →《御前試合》
デッキ全体が闇属性で統一されているので
ダメージは少ないはず?《サイコ・コマンダー》
《馬頭鬼》、《サイバー・ドラゴン》あたりをサイドと調整して
(まぁさすがに《馬頭鬼》は外さないだろうけど)闇一色にして使うのを
オススメします
ちなみにこの間のある大会では剣闘獣あたりなら
結構【緊テレアンデダムド】で押していけてました
      →《伝説の柔術家》
まぁあとはコイツですかね?剣闘獣がほとんどコイツ1枚で止まります
これは実際に日本代表がやってた戦術で話題になりました

【ライトロード】→《霊滅術師カイクウ》
まぁ同じ闇属性だしメタに3枚割くくらいは余裕でしょ?
まぁそもそもライトロードにはメインから勝ちにいける気がするけどw

【猫シンクロ】→《御前試合》
こちらも結構《御前試合》でなんとかなるんじゃないかな?

っていうのは冗談です、すみません
こればっかりはメタはったからどうなるというもんじゃありません
《大寒波》影響下でも使えるし
ただ、唯一このデッキ相手だとこっちは守りが手薄なので
守りがどうこう言うよりも、先に絞めにいくしかない
「やられるより前にやれ」が今の環境・・・orz
攻撃こそが最大の防御というわけですね、分かります^^

【メタビート】→《砂塵の大竜巻》数枚積み、《奈落の落とし穴》、《サンダー・ブレイク》
早い話がEdy擁する、彼の大会デッキのことです
こちらはメタデッキというほどなので、上記のカード入れたから
どうこうできるものではないです
とはいえ、一応のクセがあるので、【猫シンクロ】に比べたら
まだ手段はありそうです

基本攻撃力も高く、1900アタッカーが並ぶので
それに対してこちらは《死のデッキ破壊ウイルス》
《奈落の落とし穴》なんかが撃てればいくらか緩和できます
《ライオウ》なり、《強者の苦痛》なり、《オネスト》なり
《王宮の弾圧》なんかがすごくこわいです
正直状況しだいでは《王宮の弾圧》1枚で詰まれかねないです
実際この間の試合でそんな状況を見ました
メタでガチガチのデッキだから二手三手は弱点を突いてきます

そのため、なるべく《王宮の弾圧》なんかは
速攻でぶっ壊したいです
基本相手の場の除去はモンスター・魔法・罠問わず
破壊できるはずなのですが、これが実際にはモンスター頼りなので
肝心のモンスターが出せないとストレート負けが待ってます

このデッキ相手には結構プレイングが関わってくるので
ちょっと実戦を繰り返すしかないだろうな・・・

さぁて・・・と

本当はコドマリックマへのティーチング的な内容を

書くつもりだったのですが

何故か最後はいつのまにか実戦とかを意識した

くだらない散文を書いてしまいました・・・

書いてるうちについ夢中になってしまったんだねw

まぁこればっかりは書いてしまった以上は仕方ないんで

興味ある方はどうぞw

メタを読む力に関してはやや微妙なんで

あと、コドマリックマへ、これはあくまで

オレの考えた一例なんで、必ずしもこんな感じにならなくても

いいです

コドマリックマが自分でデッキが組めるようになれれば

素晴らしいことかな?と思います

Edyとかからのオレのこの構築に対する甘さの

文句もコメで受け付けますw

では♪


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【黒大好き人間】デッキレシピ【ドラゴン】
2008-07-30 Wed 23:34
レアルトマト別府店7/30(水)ミニ公認大会使用デッキ

【ドラゴンデッキ】

(レシピ 42枚)

(モンスター 21枚)
《ミラージュ・ドラゴン》
《仮面竜》
《ボマー・ドラゴン》
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
《青氷の白夜龍》
《ガード・オブ・フレムベル》
《タイガー・ドラゴン》
《ドル・ドラ》
《ランサー・ドラゴニュート》
《炎龍》

(魔法 10枚)
《D・D・R》
《死者蘇生》
《未来融合-フューチャー・フュージョン》
《サイクロン》
《早すぎた埋葬》
《手札抹殺》
《洗脳-ブレイン・コントロール-》
《巨竜の羽ばたき》
《死者転生》
《収縮》

(罠 9枚)
《天罰》
《魔宮の賄賂》
《奈落の落とし穴》
《竜の逆鱗》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》

んー、構築がほんとに難しいです。
上手くまわるようになるまで変更し続けます。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【ゴウ】デッキレシピ【電池メン】
2008-07-30 Wed 23:14
レアルトマト別府店7/30(水)公認大会使用デッキ
【電池メン】デッキ

(デッキ 41枚)
(モンスター 18枚)
《電池メン-単一型》
《電池メン-単三型》
《充電池メン》
《電池メン-ボタン型》
《シャイン・エンジェル》
《オネスト》
《冥府の使者ゴーズ》
《超電磁稼動ボルテック・ドラゴン》

(魔法 18枚)
《地獄の暴走召喚》
《ライトニング・ボルテックス》
《死者蘇生》
《大嵐》
《サイクロン》
《光の護封剣》
《レベル制限B地区》
《充電器》
《漏電》
《エネミー・コントローラー》
《洗脳-ブレインコントロール》
《おろかな埋葬》

(罠 5枚)
《神の宣告》
《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》
《携帯型バッテリー》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
1《光の護封壁》

(サイド14枚)
《大寒波》
《二重召喚》
《つまずき》
《亜空間物質転送装置》
《携帯型バッテリー》
《魔法の筒》
《天罰》
《貪欲な壺》
《打ち出の小槌》
《抹殺の使徒》
《激流葬》
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ダムルグがうんたらかんたら-Web廃墟の一歩手前 | NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。